シナリオライターになりたい人のためのブログ。

あんこといんことうんこの境目が知りたい。

私を買い叩く奴とは仕事しない

この前、フリーランスのクリエイターが

自分が丹精込めた子どものような作品に

金額をつけることができない。

と言ってたんですよね。

 

でも私は、自分が丹精込めてつくった

子どものような作品だからこそ、

世の中に出ていって

たくさんの人に豊かな感情を与えて欲しい。

それができるよう、気合込めて育て上げた!

 

その手間暇かけた分、

しっかりとお金をいただくのは

大切だと思う。

 

実際、子ども生まれたら滅茶苦茶お金かかるでしょ?

子どもにいい服着せたいし、

栄養のあるごはん食べさせたいと思うのは

当たり前のこと。

 

それに、赤ちゃんが

存在してるだけで、周囲の人は幸せになる。

その姿を見ただけで自然に笑顔になる。

豊かな感情を受け取れるから、

何かお返しがしたくなる。

 

つい先週、友だちが子どもを生んだので

会いに行ってきました。

手も指も何もかもちっちゃくて、

目が合っただけで嬉しいし、

抱っこしてぬくもりを感じるだけで

あったかい気持ちになれた。

 

幸せの感情を味わって満ち足りたら、

何か与えたくなる。

愛が溢れてくる。

 

そう感じてもらえるような作品を

世に生み出していきたい。

そして満ち足りたお返しとして

一番分かりやすいのが、お金だ。

 

お金を受け取れない、というのは

うちの子にはそんな価値ありませんと

言ってるようなもの。

 

ましてや私は、買い叩いてくる人に

自分の子ども預けたいと思わない。

 

金額の話はその時の状況によって変わるから

これが一概に正しい、とは言えないけれど

恋愛アプリのシナリオの仕事において、

私は1KB(500字換算)で1,500円もらってる。

スタート時は見積もりの仕方が分からなくて

600円で書いてたけど、

5年経って2倍以上の価値を提供できる、

と思ってるから。

 

それを、プロット込み、あらすじ込みで

1,200円でとか

1,000円でお願いします、とか

「え、うちは他のライターさんに500円でお願いしてますけど!?」

とか、最初の見積もり段階で

伝えてくる人がいたりする。

 

私はそういう人たちとは仕事しません。

 

去年までは予算に応じて相談に乗ります、とか

言ってたけど、なぜこちらが相手に合わせるんだ!

過去の私ー!

 

結婚する相手は、

笑いの基準と食の好みが合ってる人を

選んだでしょう。

そこ外したら、毎日食べるごはんや

笑うポイントがズレて辛くなるもん。

 

だから、自分と感性と価値観が

釣り合う人と仕事しないと。

 

気持ちよくお金払ってくれる人は、

納品したシナリオに、

変な文句をつけてくることはないです。

 

自分で自分を認めて、

自分が生む子ども(作品)に対しても

たっぷりの愛情を注ぐために

 

もらうもんはもらうんだ!

 

これだけは覚えて帰ってください~。

もうひとつブログ始めました。

自分が今まで仕事してきた中で

歴史上の人物を扱うことも多く…

そのとき、キャラを掘り下げるのに

一番役に立ったのが

その人物が登場する小説やマンガ、映画でした。

 

どんなことをしたか、とか

情報を調べているだけだと

頭の中にうまく定着しなかったけど

それを第三者が物語として紡いで見せてくれたとき、

点と点が線で繋がるような感覚を覚えました。

 

もちろんフィクションが入るので

物語のすべてを鵜呑みにするわけではなく

そこをきっかけに人物に興味を持って

より深く調べることができたんですよね。

 

ということで、歴史上の偉人たちが出てくる

小説、マンガ、映画などを集めて

紹介するブログを立ち上げました!

 

itanstory.hateblo.jp

 

ただ人物名で並べると途方もないので…

誕生日でカテゴライズしています。

自分と同じ誕生日の偉人ってどんな人?

あの人と同じ誕生日の偉人は?

→面白かったから、その作品を

同じ誕生日の人に贈ろう!

 

…とか、色々と興味を持つきっかけにできるかなと。

ちなみにブログの下の方にある検索を使えば

人物名でも探せます。

 

今日始めたばかりでまだデータは充実していないけど

これからちょこちょこ自分の手で

アップデートしていきます。

 

この偉人を扱った物語が面白いから

ぜひ紹介してほしい! とかあれば

コメントなりブログ内のフォームから

教えてください~。

 

物語を集める作業は、楽しい。

 

ちなみにこれ、データが充実したら

シナリオ書くときに滅茶苦茶役立つだろうな~

とも思ってます。

ちょっと高校数学から勉強し直します。

f:id:tomezoux3:20180318005411j:plain

 

これ見てワクワクする人いますか?

素粒子の勉強したいなぁ~と思い、

数学・物理を教えてくれる塾に行って

勉強していく流れを教えてもらいました。

 

高校数学→大学数学→相対論的量子力学場の理論

 

…を経てようやく、私が興味ある

素粒子論に進めるとのこと。

 

ということで、2次関数とか微分積分

みっちり復習するところから入ります。

 

ハッキリ言うと…

 

 

 

私はワクワクして興奮してる!

 

 

 

高校の時の数学の授業は、

先生があんまり好きじゃなかったのもあって

退屈な時間だったけど

今は、その先にたどり着きたい場所があるから

勉強し直せるのがものすごく楽しみ。

 

その前になんで素粒子だよ(笑)

 

とか思ってますか?

素粒子って、今の技術で分割できる最小単位を表す言葉であって

科学が進歩したら、現在分かっている素粒子

素粒子じゃなくなる可能性もあるんですよ。

昔は、原子が素粒子と考えられてたみたいに。

で、この物質を構成する最小単位を研究することで

宇宙を解明しようとしている。

 

とか知ったら、科学ってロマンじゃん!

 

 

ロマンの塊じゃん…!!

 

 

と感動して以来、素粒子が気になって

KEKの一般公開日に見学行ったり

サイエンスカフェという研究者が一般の人にも分かりやすく

素粒子について教えてくれるイベントに行ったり

Newton読んだり…。

まあそういうことを2年くらい続け、

そろそろ、ちゃんと勉強したいと思って

塾に通うことにしました!

 

大学、大学院で習うような内容だから

まあ4年以上はかかるだろうけど…

その間もずっとワクワクし続けられるなんて

何て素敵なんだろ~と思ってます。

 

ちなみに「塾に通う!」と旦那さんに伝えたら

 

「それ、仕事にどう繋がるの?」

 

と言われました。

お金かけて塾に行って素粒子の勉強をして、

それがお金を稼ぐことに繋がらなければ

無駄なこと。

趣味で勉強するの?

 

…とまでは言われてないけど、

まあ、そんな声も聞こえてきました。

 

 

が宣言します。

 

 

 

自分がワクワクしてなくて、

どうして人をワクワクさせられる?

 

 

 

ゲームつくって誰かに楽しんでもらいたいので

私は常に自分が興味あることに没頭して、

常にワクワクしていたいと思います!

 

ちなみに旦那さんは、

私がこれでね、こうでね、こうなんだよ!

と興奮気味に話したら

「うん。習ってきな」と

最終的には応援してくれました。

 

何かを始める理由なんて

ワクワクするから、だけで十分だ。

 

あなたはどんなワクワク感じてますか?

 

 

面白くて眠れなくなる物理

面白くて眠れなくなる物理

 
面白くて眠れなくなる数学

面白くて眠れなくなる数学

 

 

スランプに入ったらチャンス!

今、身近な人がスランプに入り

思わずニヤリとしました。

 

だって、

 

飛躍するチャンス!

 

だから。

私はシナリオライターになって

3年目くらいにスランプになりました。

スランプは沼のようなもので

もがけばもがくほど、

ズブズブ沈んでいく…。

 

あのときは、書いても書いても

納得できるものが書けなくて

でも〆切は迫ってくる。

書けなかろうがなんだろうが

とにかく提出しなければいけなかった。

 

そうして仕上げたものは

無論、赤でみっちり指摘受けて

散々な状態で返ってきました。

 

…チン。

(魂が抜ける音)

 

あのときは暗澹たる気持ちで

ただ、辛くて苦しかった。

 

でも、もうこれ以上ないという

底の底、底辺までいくと

後はもう上昇するしかないです。

心は死んでも、本気では死にません。

 

足掻くだけ足掻いて、

目一杯カッコ悪く暴れて、

もがき苦しみ抜けば、

いつかはスランプから脱出します。

 

そうなるともう、

そこには激戦区から生きて帰った

戦士みたく、たくましくなってます。

 

精神が図太くなって

今までの問題が問題じゃなくなります。

 

成長してるんですよね。

 

スランプは成長するためのチャンスです。

もっと上に行きたい、

自分はもっとできる、という人に対して

乗り越えるべき壁が現れるんだと思います。

 

…というわけで、

今、スランプの人、

とにかく滅茶苦茶、苦しんでください。

 

必ずきっと抜けられます。

目一杯辛い想いをした分、

沼から出て見上げた空は

以前より明るくて澄んでます。

 

あ、ちなみに苦しみたくない人は…

抵抗せずに沈むのをおすすめします。

溺れたとき、暴れるほどに

水を飲んだり沈んだりしてしまうけど

ふっと力を抜くと自然と身体は浮く。

そんな感じで、スランプを受け入れちゃうと

楽にやりすごせるかと。

で、やりすごすと

 

「あれ、なんであんなにがんばっても

できなかったのに、今はできちゃうんだ?」

 

みたいなことになるハズ。

どちらでも、お好きなほうで

スランプとおつきあいください。

 

ただ言えるのは、

スランプになるほど

あなたはがんばってきたんだね。

すごいよ! ということです。

理想の自分になる最適な方法

理想の自分はどんな自分ですか?

このブログに来る、ということは

シナリオライターになりたい、

もしくはゲームクリエイター

なりたいんだと思います。

 

で、どんなライター、クリエイターに

なりたいですか?

 

理想の自分がしっかりあるなら、

すぐになれる方法があります。

 

それは…

 

 

自分に理想の自分の肩書をつける!

 

 

 

 

 

命名しちゃうんです。

 

 

 

 

 

私はシナリオライターになってすぐ、

自分で

 

「ドSなドMライター」

 

とつけて、名乗ってました。

こんな風に!

f:id:tomezoux3:20180224165113j:plain

 

これは私が使ってる名刺の表面です。

ポイントカードみたいに2つ折りにしてるので

中に実績とか得意なこと書いて

裏に連絡先を載せてます。

 

これで名刺交換すると、相手の人が

「どういう意味ですか!?」

と聞いてくる。

 

「実際はMなんで、

たまにドSになって自分にムチ打って

しっかりとした作品をつくるからです」

 

とにこやかに答えてました。

こういうやりとりしてると、

初対面の印象が一番強く残りやすいから、

人にはそういう自分が残るし、

何度も言ってるうちに自分にも

そうなんだ、と浸透していく。

 

はい、というわけで理想の自分のできあがり。

 

これを何度もやっていると、

そのうち

「んー? なんかモヤッとするな。

今はこれが理想じゃないかも」

となるときが来ることもある。

そうなったら、また自分の理想ってなんだろう、と

立ち止まって新たに考え直してみる。

こんな風に理想の自分を次々アップデートしていくと

あっという間に変われます。

 

ちなみに私は、シナリオライターから

シナリオだけでなく、企画から制作すべてを手がける

ゲームクリエイター」になったので

新たに自分に任命しました。

 

今まで、ドSな部分で縛って

自分を我慢させてストイックに仕事をしてきた。

けれど、それだと発想が偏って

自由に想像ができなくなって

息苦しくなったので…。

 

新しい私は、

ぐうたらだけど愛される

ゲームクリエイター

になりました!

 

ちなみに、なりたい、より

なりました、と断定系にしたほうが

効果はさらに増します。

 

まんま採用すると長いので

ぐうたらゲームクリエイター

で行きます。

 

今の世の中、これまでのストイックな働き方に

違和感が出てきますよね。

もっとゆとり持って、豊かに生きたい。

趣味や家庭を充実させた上で

好きな仕事をするのが一番いい。

そのためには、自分らしくいるのが必須です。

 

というわけで、私はストイックに生きるより

ゆるゆる~っと自由に楽しく生きる選択をしたので

ぐうたらなまんま、好きなゲームをつくって

生きていきます。

 

あなたはどんなシナリオライターになりたいですか?

この、「どんな」が大事ですよ!

 

言葉にする意味。

人が言葉を使うのは、

他人とのコミュニケーションを取るため

…もあるけど、

もっと重要な意味がある。

 

それは、

 

自分自身に伝えるため。

 

だと思う。

 

言葉にすると願いが叶いやすい、って

聞いたことありませんか?

 

他人に話す、ノートに書く、とか。

 

アウトプットすることで頭の中が整理させる。

人に話せば、

それを聞いた人が関連する情報を運んできてくれたりする、

友だちなら気にかけて、アレどうなった? とか

見守って、ときおり発破をかけてくれたり、

他にも作用はあるだろうけど

一番大きいのは、

 

自分にハッキリと伝わるから。

 

自分で思ってることなんだから

伝わってるだろ、と思います?

でも、頭では分かってるけど腑に落ちない、

…てことありますよね。

 

これは精神体の魂と、物質として存在する肉体は

また別なものだからだと私は認識してます。

 

で、言葉にするというのは、

魂から肉体への指令的な感じかなと。

 

というわけで、このブログに来た人は

シナリオライターになりたい人だと思うから

その願い、言葉にしてください。

 

家族、友人に話すでもいいし

ひとりでこっそり日記やノートに書いてもいい。

証拠残すのが嫌、て人は

鏡を見ながら独り言で語りかけて

声に出してみればいい。

 

他人とコミュニケーションとるには

言葉にしないと伝わらないけど

自分自身も一緒。

言葉にして伝えよう。

 

独り言も嫌だ~って人は、

パソコンやスマホのメモに書いて、

消してもいい。

消しても書いた事実は記憶としてインプットされるから。

 

てことで、なりたいものがある人は

どんどん言葉に出していこう!

 

 

 

 

罪悪感の手放しかた

何かして、罪悪感を抱いたら…

 

背徳感

 

置き換えましょう!

 

例えば、

ケーキを食べて罪悪感を抱いたとき…

 

「ダイエットしようと思ったのに

我慢できずにケーキ食べちゃった…」

「ダイエットする、て決めたのに…

なんで、私を誘惑してきたの?

甘くて柔らかな食感で魅了して

なんて罪作りな人なの!  あなたは…!」

 

という感じ。

一気に深刻さが薄れる。

 

もうちょっと妄想力が働くなら

脳内の斎藤工を呼びましょう。

 

斎藤工「ん?  俺の味を知って後悔…してる?

甘くて後ひくでしょ?

それはね…あなたにいつまでも俺を忘れないで欲しいから」

 

エロく昇華しちゃえば、

後ろめたさがキュンというときめきに変化。

 

シナリオライターなら

これくらいの脳内変換はお手のもののはず。

何かをして、罪悪感を抱いたときに

お使いください。