読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームシナリオライターになりたい人のためのブログ。

あんこといんことうんこの境目が知りたい。

ゲームデザイン分析。

クリエイター向け

朝、ローソンに行ったら大量の恵方巻が鎮座していた。

太巻きが食べたかったので、

特に節分とか関係なく買って、

特に恵方とかどうでもよく食べながら、

 

この記事を読んでました。

 

今のスマフォゲームや、コンシューマー系ゲームは

ホントにストレスなく遊べるようになっていて

ユーザーの操作性とか考えてつくられてるんだなぁ…

今のゲームクリエイターさんて優しいなぁ…と感じながら

(そもそも、ユーザビリティ悪いとすぐに飽きて捨てられる

という恐怖を感じながらゲーム制作に携わってるので

苦労してるんだろうな、とかも思いつつ)

 

ファミコンソフトには無茶ブリしてくるゲームいっぱいあったよなぁ…

と、郷愁に駆られ、とあるゲームタイトルを思い出した。

 

【名作発掘】 『チャレンジャー』─―特急と島とクジラと囚われし姫君。 : レトロゲームレイダース 最後のゲー戦

 

1面で横スクロールのジャンプアクションに慣れたかと思ったら

2面でいきなりトップビューで、砂漠に放置(笑)

今ならチュートリアルで丁寧に(かつサクッと)遊び方を教えて

プレイしてもらうつくりが当たり前だけど、

そういうのまったく無視。

 

私は、結局チャレンジャーを1面攻略しただけで、全クリアはできなかったなぁ…

なんてことを思い出しました。

 

最終的にまとめると、最初に紹介したセミナー記事は

とても素晴らしいということです。以上