ゲームシナリオライターになりたい人のためのブログ。

あんこといんことうんこの境目が知りたい。

言葉の表現を豊かにする方法

恋愛系ゲームのシナリオを書いていると必ず、

恋に落ちる瞬間や、仲が深まっていっての

愛情表現のシーンが出てきます。

スマホアプリ系だとコンシューマーよりも

対象ユーザーの年齢が大人になるので

愛情表現・・・ベッドシーンなどが濃厚になります。

ただし18禁とはまた別なので、核心的な部分はやんわりぼかします。

つまり、

 

直接的な言葉を避けながらも、雰囲気を保つ表現力が求められるのです。

 

けれどもこの境目が結構曖昧で…

どのプラットフォームに出すかで、また変わってきたりするので

とても悩ましいところです。

前は、ディープキスで、「舌を入れる」という表現が弾かれると言われて

「軽く触れるような口づけが、段々・・・深くなっていった」

というような書き方とかで誤魔化してたんですが、

最近のシナリオでは特にそれを指摘されることもないので

緩くなったのかなぁ・・・なんて感じます。

けど、実際はどうなんでしょうね。

 

ただ、直接的な言葉だけじゃなく、色々な表現を持っていたほうが

より多彩にシーンを描けるので語彙力に磨きをかけるのは

とてもいいことだと思います。

 

さて、では語彙力に磨きをかけるにはどうしたものか…。

そんな話を、この前知り合いのライターさんとしてたんですよね。

基本的には小説や、ゲームの中で素敵だなと思った言葉を抜き出して

自分用の言葉帳をつくってるんですけど

もっと、それに特化した書物や、サイトがあったら便利だよな……。

と思いつつその場では失念してたんですが、

ありました、ありました。ちょうどいいサイトが。

 

日本語表現インフォ(小説の言葉集):ピンとくる描写が見つかる辞典

 

色々な小説から言葉を抜き出して分類してくれていて、

例えば「好き」という感情を表す文章を探そうとすると、

「少し好き」「中程度の好き」「とても好き」

「深みにはまる・病みつき・のめり込む」……etc

などの細かなカテゴリーに分かれており、

自分が表現したい「好き」ってどんなだろう? と

探しながら頭の中を整理できたりもして

かなり優秀なサイトです。

 

あと、書くのに追われて心に余裕がなくなったときに

いつも手にする本があり、その本を読むと

何だか心に栄養が行き届くような感じがするんです。

そして、日本語ってやっぱり素敵だなと思うんですが

これも紹介するのを忘れてしまい…。

が、思い出したので、ここで紹介しておきます!

美人の日本語 (幻冬舎文庫)

美人の日本語 (幻冬舎文庫)

 

366日の一日ごとにひとつ言葉がピックアップされていて

解説が載っています。

これは、直接その言葉をシナリオに用いるのは難しいのですが、

アウトプットしてばかりで、疲れたときの心の栄養として

読むのをオススメしたい一冊です。

 

例えば、この記事を書いている5月26日のページには

「桐の糸(きりのいと)」と書かれています。

 

▽以下、抜粋引用

 

桐は、切れば切るほどよく生長するので、

「きり」と名付けられたと言われます。

切られても、切られても、それを、

ばねにするかのように、

大きく生長していく桐の木。

その花は、誇らしげに、胸を張っているようです。

 

 

もし、少しでもいいなと感じたらぜひお手に取ってみてください。

購入はこちらからどうぞ↓

美人の日本語 (幻冬舎文庫)