読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームシナリオライターになりたい人のためのブログ。

あんこといんことうんこの境目が知りたい。

個人でも3DS、WiiUのゲームが開発、販売可能になりました

占星学を50年以上やっている大ベテランな友だちから、

「これからは個の時代。個人がそれぞれ活躍していく時代になるよ」

と言われ、フリーランスに追い風が吹くから

今のまま個人で活動していったほうがいいとアドバイスされました。

 

今まで数社ほど会社を転々としながら、結局企業勤めは体質的に合わないと

体調を崩して思い知った私としてはとても嬉しい言葉であり、

そして、色々と便利なツールなどが無償開放されている現在において

肌で実感していたことでもあり、すんなりと納得することができました。

 

スマホアプリもがんばれば個人でつくってリリースできるしね。

(ノベル系なら、Unityほどのレベル高い知識なくても

なんとか制作できるツールが揃ってます・・・!

気になる方は、ティラノスクリプト、アルテミスエンジンで検索)

 

まあとはいえ、やっぱり過去、テレビゲームで育ってきた世代としては

コンシューマー機のゲームがつくれたらなぁと憧れは捨てられない。

今まで参加した交流会で、デベロッパーの方々にお話を聞いてきたけれど

コンシューマーのゲームは個人には無理だよなと

絶望的になるばかりだった・・・けれど!

 

なんと、2016年7月7日から

任天堂の開発者向けサイト「Nintendo Developer Portal」において

法人のみならず、個人開発者も登録できるようになりました!!

 

つまりは3DS、WiiUのゲームの開発キットを使って

個人でもゲームをつくることができるようになったんです。

 

f:id:tomezoux3:20160817194929p:plain

Homepage - Nintendo Developer Portal こちらのサイトより抜粋

 

販売形態は、Nintendo eShopのダウンロードのみですが、

パッケージ版は、同人でいいのでゲームをつくってれば分かりますが

プレスしてその在庫を売ってくれる店舗さんを探して・・・と

流通してくれる業者さんなどを見つけなければいけないので

何とも難しいことは分かります。

なので、仕方ないと諦めます。

 

ともかくダウンロードのみとはいえ、コンシューマー機で遊べる

ゲームがつくれるなんて夢のよう!

今のところ何つくりたいってないけど、開発キット落として

触ってみよう!!

と、上記のリンク先であるサイトに飛んで

勢い込んで開発者登録してみました。

 

名前と住所とメールアドレスを入力するのみで、難しいことはありません。

登録が完了すると、パスワードが送られてきて

それをつかってログインすることで、あっという間に登録終わりました。

 

 

終わりました。

 

 

 

・・・ん? 終わってない?

 

 

 

 

終わって・・・ない、だと・・・!?

 

 

 

意気揚々とログインすると、

そこには英文のサイトが待ち構えておりました。

 

取りあえず英語はよく分からないものの、

NDA(秘密保持契約)について同意してねって雰囲気だったので

よくある、規約一覧みたいなのをぺーっと流し読みして

最後のチェックボックスにチェックを付けて

右下のボタンを押しました。

 

これにて、契約も結ばれ、3DS、やらWiiUというアイコンあるから

それらを押してどうこうすれば

開発に必要なものが落とせるとは思うんですが

いかんせん、今はまだ一般向けのゲームでつくりたいものがないので

(そして英文がほんのりしか読めないので)

登録だけ済ませてサイトを閉じました。

 

ま、まだまだ実際にゲームをつくって販売までにはハードルは高い!

・・・けれども、

個人クリエイターに対しての追い風は

やっぱり吹いてるなと感じました。

 

もうちょっと英語を勉強して、企画を思いついたら

実際の制作に入っていきたいと思います。

ただ、秘密だよ、て契約したから

制作中のレポートはできないけれど。

そして、販売価格の何割が自分に戻って来るのか分からないけれど。

 

ともかく今後の可能性に期待したいと思います!!

 

 

↑ゲームプランナー、ゲームプログラマの講座があるので

ゲームのつくり方を学びたい人にオススメです。 

 

その他、独自にアプリやWeb系の開発言語で

今後の技術力アップを狙う方に、

オンラインで先生に質問しながら学べる

サービスをご紹介しておきます~。