ゲームシナリオライターになりたい人のためのブログ。

あんこといんことうんこの境目が知りたい。

辛くて大変で、苦しい・・・だけど好き。

週末の土曜日、下北沢で友人が制作に関わっている

特撮の上映会に行ってきました。

マチュアのチームとはいえ、定期的に作品を発表して

年に何回かは小さいながらも劇場を借りて

映画の上映会を開いています。

内容はツッコミどころ満載なんですが、

定期的に発表するということを何年も続けていて

その作品づくりに込められた情熱や意気込みのファンに

なってるんですよね。

 

友人は、数年前に通っていたシナリオ塾の同期で

この上映会をきっかけにそのときの仲間たちと会って

近況報告をしたり制作に対する苦しさ、悔しさなんかを

分かち合ってます。

 

特撮だったり、ノンフィクション作家だったり、と

ゲームライターである私とは業界が違うけれど

抱える悩みは共通している。

けれど、そこで話していると

辛くて大変だし苦しい、でもやめられない…

 

好きだから。

 

という結論に達します。

自分でわざわざこの道を選んで進んでるから、

悩みながらも誰も、やめようという発想はない。

 

中学生の頃、同級生のお父さんが

「好きなことを仕事にすると辛い。嫌いになるからな」

と言ってたけれど、

私は好きなことを仕事にしてよかった。

辛いことも楽しめる、それくらいこの仕事を愛してるから。

 

今、再稿に再稿を重ね、一発で面白いと納得してもらえる

ものが書けない自分の非力さが悔しくてたまらないけど、

きちんと満足した作品に仕上げたい、

喜んでもらえるシナリオを完成させて提出したい、

悔しい思い全部を昇華できるほどの達成感を得たい。

 

その、乗り越えた先にある風景が見たいから。

 

そしてそこからさらに、先へ、上へ、いきたい。

どんな風景があるのか知りたいから。