ゲームシナリオライターになりたい人のためのブログ。

あんこといんことうんこの境目が知りたい。

アプリで動画広告を使って売上アップする方法

前回、Androidでゲーム開発する際の便利なツールを紹介しましたが、

今回は、アプリで売り上げを伸ばす方法として

動画広告に関する情報を紹介します。

これはこの前のセミナーの午前中に開催された

ワークショップの内容をまとめたものです。

ゲームをつくって売上あげて、

さらにつぎのゲームの開発資金を集めるんだ…!

気になる方は、以下をどうぞ~。

参考になるといいな…。

 

***

 

▼動画広告を挿入するならココがおすすめ
1:デイリーログインボーナス
 └アプリのデイリーログインボーナス時に、
動画を見ればいつもの2倍もらえたり、
レアなアイテムがもらえるなどとご褒美のために設置をすると
好意的に見てもらいやすい。

2:結果はCMのあとで
 └〇〇診断などのアプリで質問に答えてもらった後、
  動画広告を見ると結果が表示されるタイプ。
  ただし、日本のユーザーは勝手に動画が流れることを嫌うため、
  (海外では動画広告が普通に受け入れられている)
  必ず動画を『見る/見ない』が選択できるようにし、
  Skipできるような配慮も大事。
  また、毎回あると鬱陶しく感じられるので、5問に1問など頻度の調整も大事。

3:コンティニューのタイミング
 └スロットゲームなどでドクロが揃ってせっかくのメダルが全没収になったとき、
  動画を見ることで没収を回避できるようにする。
  また、レーシングゲームやクイズ、シューティングなどで残機が0になったときに
アプリ内コインを使うか動画を見るかでコンティニューできるようにする。

4:時間短縮
 └箱庭、育成系ゲームなどで時間が経過しないと育たないものを
動画を見ることで時間短縮できるようにする。
また、RPG系などで体力がなくなり、30分経たないと回復しない際の時間短縮の方法として動画の視聴を促す。

5:アイテムプレゼント型
 └動画広告を見ることで、ゴールドゲット、経験値2倍、合成大成功などを
約束するもの。
カード系の育成ものなどで素材と素材を合成する際に視聴を提案。

6:ガチャ引き直し
 └10連ガチャなどを引いてみたものの欲しいレアが来なかったときに動画を視聴することで再度ガチャが引き直せるようにする。
  もしくは11連ガチャなどにグレードアップ。
  無課金ユーザーの場合、長期間かけて無料のガチャ券を貯めて引いたりするので、
  ここで欲しいものが出ないとモチベーションが下がり、離脱する危険性が高い。
  動画広告でその危険を回避する。

7:フィーバー型
 └動画広告を見ることで、フィーバータイムに突入できる。
  ボス戦などを有利に進められるようにする。

↓↓↓

これらを踏まえて動画広告で収益を伸ばしているアプリがこちら。
『君の目的はボクを殺すこと3』
※2人で開発運営しながら44万ダウンロード達成のアプリ。
動画広告についての結果なども細かくあるので下記記事を参考にしてみてください。

appmarketinglabo.net


▼動画広告掲載時の注意点
・1日に同じ広告を何度も出さないこと
(同じ広告が流れると、飽きてユーザーのモチベーションが下がる)
・広告掲載箇所を1カ所で終わらせない
(デイリーログインボーナスにしか設置していないと当然ユーザーの視聴回数は増えない)
・ゲームなら同ジャンルのゲームなど、ジャンルが似通った広告を流したほうが成果が上がりやすい
(RPG系なら、同じようにRPG系のゲームなど)
・動画広告でゲームの重要な部分が達成できすぎると、逆に課金しなくなる恐れもあるため、動画広告はランダムで出すようにして、課金ポイントとのバランスを取る。